S__89432070.jpg

横井ミキ

keyboards

ジンヒデキ

 percussion / drums

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

​大瀧ヌー

vocal / guitar

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン

坂元ハジメ

​bass

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

​ 大瀧ヌーバンド


天性の1/fゆらぎをもつと言われるスモーキーボイスに、叙情的なメロディライン、物語的でエモーショナルな世界観に定評がある、シンガーソングライター『大瀧ヌー』。

YouTube動画投稿をきっかけに、2013年に作詞作曲を始め、シンガーソングライターとしての活動をスタートさせる。

 

2015年、大瀧ヌー1st Album 「いとおしいのはいつも不完全」のレコーディングとレコ発ライブを機に、ジンヒデキ (Per)、坂元ハジメ(Ba)、横井ミキ (Key)

を加え、バンド編成での楽曲制作、ライブ活動も並行して行う。

2017年、大瀧ヌー2nd Album 「その幻にふれる」のレコ発として、初のワンマンライブを成功に納めた後、バンド編成を『大瀧ヌーバンド』と称し活動を本格化。

2018年発表の大瀧ヌーバンド Single 「Lantern」リリースイベントでは、クラウドファンディングによる野外劇場での単独ライブ・全員でのスカイランタン打ち上げを成功させる。

2019年5月に大瀧ヌー3rd Album「かぎりのないグラデーション」をリリース。県外での活動を本格化し、東京、大阪、京都とリリースツアーを敢行。

​また、初となるコラボシングル「夏の煙」(くすり×大瀧ヌーバンド) を発表。

2020年8月より、4ヶ月連続で配信限定シングルをリリース。

音楽のための音楽に止まらず、他の様々な要素と融合させ、楽曲のストーリーの中に深く入り込ませるような物語性の強い世界観を表現する。